2019年3月12日火曜日

太田智子先生のことば / 上善明寺「春季彼岸永代経・初参式 」ご案内 3月20日・21日 午後1時30分~

 
 
眼に「見える」
成果だけを追いもとめることのないように省みることが必要です。
 
眼に「見えない」
大切なものを見落とすことのないように。
 
太田智子(大谷大学短期大学部教授)
 
 
《彼岸会》
お彼岸は春・秋(中日・春は春分の日、秋は秋分の日)二度の大切な仏教行事であります。
春のお彼岸は、草木の新しいいのち芽吹く季節であります「自然をたたえ生物を慈しむ日」。
また、秋のお彼岸には多くの草木が紅葉し葉を落とす様に「先祖を敬い、亡くなった方を偲ぶ日」として大切にお勤めされてきました。生から死・死から生へと移り変る自然の「いのち」の営みから、私と照らし見つめ直す大切なお参りであります。皆様の御参詣をお待ちしております。


◆開催日時  2019年 3月 20 ・ 21日(春分の日)  両日 午後1時30分より

◆ご法話
 3月20日 (水)
    徳山 光氏 真宗大谷派 琳光寺住職 (大垣市上石津町)

   3月21日(木 ・ 春分の日)
   増田喜昭氏 子どもの本専門店「メリーゴーランド」(三重県四日市・京都市)主宰、『朝日新聞』「効く絵本たぬき書房」連載

2018年12月26日水曜日

一楽真先生のことば / 上善明寺 大晦日 除夜の鐘 12月31日・修正会(初詣)1月1日 ご案内

 

望みが叶うこと
嫌なことから逃れること
それは
救いではありません
一楽 真
 
◆開催日時 
 
12月31日 
大晦日 除夜の鐘 
午後11時30分~ 撞き始め 

 昨年まで「年越しそば」を用意しておりましたが、本年度は「クジ引き」(先着200名)を用意し皆さまのお越しをお待ちしております。


1月1日(元日)
修正会 年頭勤行 
午前0時30分~

◎お参りへは念珠をお持ちください。

皆さまのご参詣をお待ちしております。

 
元日にのみ特別公開される寺の宝物「三光石」。この三光石には140年ほど前から、次のように伝えられています。

上善明寺へ嫁がれた坊守さまは、草木を見ては「ありがたい、ありがたい」と手をあわせ、ひとびとの話を聞いては「ナンマンダブツ、ナンマンダブツ」と念仏を称えられる温かい心の持ち主で、皆から「まるで仏さまのような方じゃ」と、慕われていました。

 
明治9年(1876年)6月15日の明け方のこと、坊守さまの夢枕に仏さまが立ち、「賀須河原(※ 賀須河原は現在の粕ヶ原)の川原に大きな目印になる石があり、その石から川の中へ七歩進み、それから西に十八歩進んだところに、この世に二つとない三光石という珍しい石がある。持ち帰って大切にするがよい。」とおっしゃられました。
 
坊守さまは不思議な夢だとは思いましたが、あまり気には留めませんでした。ところが、次の日も、また次の日も、その次の日も、5日間続けて同じ夢を見られたのです。
そこで、坊守さまはその夢の話を住職に話されました。住職さまは「それは、なんとありがたい夢じゃ。寺男を連れ見に行きなさい。」といわれ、翌日の明け方、寺男を連れて見に行きました。すると、夢のお告げどおり朝日に照らされ黒く輝いた三光石を見つけられたのでした。
三光石には光輝く 太陽、月、星 の三つが浮かび上がっていました。
 
 
寺へ持ち帰り住職さまに見せると、「これはすばらしい。これこそお浄土をあらわす仏さまの石じゃ。」 と、たいそう喜ばれ、それ以後、上善明寺の宝物として大切に遺されています。


2018年10月16日火曜日

上善明寺「報恩講」ご案内 / 11月2日(金)~4日(日)

(アサギマダラ 浅葱斑
 
観仏本願力
遇無空過者
能令速満足
功徳大宝海

 
仏の本願力を観ずるに、遇(もうお)うて空(むな)しく過ぐる者なし、能(よ)く速やかに功徳の大宝海を満足せしむ
『願生偈』


◆開催日
         2018年11月2日(金) ・ 3日(土)【文化の日】 ・ 4日(日)
 
 
◆ご法話
         2日(金)       勅使英照氏 正休寺(海津市平田町)住職

         3日(土)       飯山 等氏 西向寺(揖斐川町西津汲)住職
                            京都大谷中学高等学校 学校長
 
         4日(日)      梛野明仁氏 本澄寺(愛知県西尾市)住職 
                             スーパー絵解き座 座長

2018年9月12日水曜日

上善明寺「秋季彼岸永代経」ご案内 / 9月22・23日  ホセ・ムヒカ(ウルグアイ前大統領)のことば

撮影 廣瀬真樹
 
貧乏な人とは少ししか物を持っていない人でなく
無限の欲があり
いくらあっても満足しない人の事
ホセ・ムヒカ(ウルグアイ前大統領)
 
「秋季彼岸永代経」

お彼岸は春・秋(中日・春は春分の日、秋は秋分の日)二度の大切な仏教行事であります。
春のお彼岸は、草木の新しいいのち芽吹く季節であります「自然をたたえ生物を慈しむ日」。
また、秋のお彼岸には多くの草木が紅葉し葉を落とす様に「先祖を敬い、亡くなった方を偲ぶ日」として大切にお勤めされてきました。生から死・死から生へと移り変る自然の「いのち」の営みから、私と照らし見つめ直す大切なお参りであります。皆様の御参詣をお待ちしております。
 

◆開催日時◆

9月22~23日 / 午後 1時30分より


◆ご法話 講師◆

9月22日(土) 稲岡智賢氏 真宗大谷派 了圓寺(海津市南濃町)住職、同朋大学非常勤講師
9月23日(日) 譲西賢氏   真宗大谷派 慶圓寺(神戸町落合)住職、岐阜聖徳学園大学 教育学部教授


2018年8月5日日曜日

上善明寺「孟蘭盆会・夏の御文拝読」ご案内 / 8月15・16日


大きな矛盾を抱えて
 
自分だけの道を探せ

『ラストデイズ忌野 清志郎』(PARCO出版)より


 

「盂蘭盆会」(お盆)  須彌壇納骨法要

「盂蘭盆」(ウラボン)は、一般には「お盆」と言われ(正しくは梵語の「ウランバーナ」を音写したもので「逆さに吊されたような苦しみ」を除くという意味)ご先祖をはじめ亡き方々を偲ぶ大切な仏教行事の一つであります。
「盂蘭盆」の起源は古く、お釈迦さま在世の時代までさかのぼります。『仏説盂蘭盆経』の中には、お釈迦さま十大弟子の一人「神通第一」といわれた目連尊者の亡き母が餓鬼道におち苦しみから救う為、多くの人々に食べ物・飲み物をはじめ百味のいろいろなものを供え施し、こころから供養し、その功徳により亡き母をはじめご先祖が苦しみから救われ、今生きている我々も幸せで浄らかな豊かなこころが養われたことが説かれています。(お盆には多くのお供えをするのはその名残なのでしょう)
先祖を尊ぶこころは自分自身を大切にするこころと通じます。
是非、ご家族皆様にてのお参りをお待ちしております。

 

◆開催日時◆

2018年 8月15日(水) / 午後1時30分より



「夏の御文拝読」

夏の御文(げのおふみ)は真宗中興の祖 蓮如上人(1415-1499)が亡くなられる前年(明応七年 1498年)に書き遺された五帖の御文とは別の4通の特別な『御文』であります。信心の大切さを伝える「夏の御文」を拝読いたします。
皆さまのお参りをお待ちしております。

 

◆開催日時◆

2018年 8月16日(木) / 午後 1時30分より


◆ご法話 講師◆

譽田和人氏 真宗大谷派 大垣教区教務所所長 

2018年8月2日木曜日

イギリス オートマタ(自動人形)展

2018年 上善明寺 日曜学校にて

上善明寺ブログの中でも紹介してる現代オートマタ(自動人形)。

三重県菰野町のパラミタミュージアム http://www.paramitamuseum.com/top.html
にて
「英国自動人形展 オートマタ・アナログの美」
が、2018年8月3日~9月30日 まで、東海地方 初開催(?)されます。

この展示会では、ポール・スプーナーの作品を中心に、マット・スミス、キース・ニューステッド等のオートマタや関連作品など約140点 が展示され、子どもも大人も楽しめる、アートなデザイン作品で、何処かクスッと笑える魅力的な作品に出合えることと思います。
ぜひ、展示会へ足を運んでみてください。

2018年7月20日金曜日

上善明寺「暁天講座・婦人会研修会」ご案内 / 8月2日


「どうしてみんな "一瞬を逃すな" って言うの?」
 
「私はなぜだか それを逆に考えちゃう」
 
「一瞬は私たちを逃さない」
 
「分かるよ 時間は途切れない」
 
「一瞬というのは・・・ 常に今ある時間のことだ」

映画『6才のボクが、大人になるまで。』より


 

「暁天講座」

御法縁に遇う事がなかなかできない忙しい時代、出勤前に自分と向き合う良き一日にして頂きたく早朝5時30分より、暁天講座を開催いたします。
是非、早朝のこころを癒やす講座へ皆様のお越しをこころよりお待ちしております。

 

◆開催日時◆

2018年8月2日(木) / 午前 5時30分より


「婦人会研修会」

悩み多き時代、岐阜聖徳学園大学 教育学部教授であり、教育相談 ・心理査定・カウンセラー等されています譲西賢先生をお迎えし研修会を開催いたします。
現代社会の問題、家庭の問題等、一人ひとりの糸口となるお話をしていただきます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

 

◆開催日時◆

2018年8月2日(木) / 午後 1時30分より


◆ご法話 講師◆  【暁天講座・婦人会研修会ともに】

譲 西賢氏 真宗大谷派 慶圓寺(神戸町落合)住職、岐阜聖徳学園大学 教育学部教授